京都記念(GⅡ)、過去の5年を検証してみます。


【2015年2月15日】

着順 馬番 騎手 相性
1着 6番 ラブリーデイ 9 戸崎 9
2着 9番 スズカデヴィアス 3 藤岡祐 2
3着 4番 キズナ 6武豊 5

五黄土星の日で、2・5・8・10
穴数字は、1・10
三碧木星の時間で、3・6・9
穴数字は、1

3番・4番・2番人気の順での決着。
1着は時間の数字だけで強い後押しがあったね。
しかも好相性なので1着でも納得の結果。

まあまあかたく終わったけど、
1番人気は騎手が日時の穴数字の1でした。
今回浜中騎手もケガしちゃったように、こういう時間って怖いんだよね。
軸にはやっぱり不向き。



【2014年2月16日】

着順 馬番 騎手 相性
1着 11番 デスペラード 4 横山典 6
2着 10番 トーセンラー 4武豊 5
3着 9番 アンコイルド 4後藤 8

一白水星の日で、1・4・7
穴数字は、6・11
九紫火星の時間で、3・6・9 
穴数字は、2


6番・4番・2番人気までが3着入り。
デスペラードは馬番と騎手が穴数字。
これは運気強いね。
6番人気でも軸候補だよ。


【2013年2月10日】

着順 馬番 騎手 相性
1着 11番 トーセンラー 4 武豊 5
2着 1番 ベールドインパクト 8 小牧 2
3着 10番 ショウナンマイティ 3浜中 1

八白土星の日で、2・5・8・10
穴数字は、4・9
三碧木星の時間で、3・6・9
穴数字は、1


6番人気・3番人気・2番人気での決着。
穴数字の馬番と馬、やっぱり後押しは強いですわ。

1番人気は4番のジャスタウェイで5着。
これも穴数字の馬番。
いつも穴数字でも3着までには来るかな…と思いつつ。
でも軸にするのは無理なのね。

2着3着はクビ差でほとんど差がないくらい、運気も差がない。
1着は1.5馬身差なので、やっぱり強いよ。




【2012年2月12日】

着順 馬番 騎手 相性
1着 3番 トレイルブレイザー 6 武豊 5
2着 1番 ダークシャドウ 7福永 2
3着 9番 ヒルノダムール 9藤田 4

八白土星の日で、2・5・8・10
穴数字は、4・9
三碧木星の時間で、3・6・9 
穴数字は、1

5番・1番・3番人気での決着。
ここは軸取りが難しそうですわ。
それでも、穴数字だけの組み合わせのヒルノダムールから行けそう。
結果3着なのが残念なんだけどね。

ダークシャドウは1番人気でも、穴数字馬番だけにやっぱり1着は難しかった。

トレイルブレーザーは、突っ込んで占うと絶好調。
思わぬ動きをしたみたいだね。




【2011年2月13日】

着順 馬番 騎手 相性
1着 2番 トゥザグローリー 6 リスポリ 8
2着 5番 メイショウベルーガ 2池添 9
3着 12番 ヒルノダムール 9藤田 4

九紫火星の日で、3・6・9
穴数字は、2
六白金星の時間で、3・6・9 
穴数字は、5・11

1番・5番・2番人気で3着まで。
ここは数字流れ。
穴数字はやっぱり大事ね。


今年のレースの日は
九紫火星の日で、3・6・9
穴数字は、2
六白金星の時間で、3・6・9 
穴数字は、5・11

このレースは過去10年をみても、ここ数年は大荒れはしてないよう。
穴数字を中心にみて、3・6・9の重なった数字を参考にみていけばいいかな。



京都記念(G2)で鉄板の2頭出現


内容


◆───────────────◆

 〜絶対的な実力を持つアノ馬〜


       と


〜急激な成長を見せるアノ上がり馬〜

◆────────────────◆


京都記念(G2)で鉄板と言われている、

この2頭は必ず押さえて買うべし!


↓ 鉄板馬はコチラで無料公開中 ↓

http://www.hicchu.net/tekichu/green/


京都記念は、

少点数×高確率的中で狙う!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

毎年ハイレベルな争いが

繰り広げられている京都記念。


『スタミナ』と『持続力』を必要とする

タフなコースゆえに、


実力馬でないと勝つ事は難しいコースです。


上位人気の信頼度は抜群で、

過去10年で7番人気以下で連体した馬は皆無。


しかも・・・



◆独特なコースなので適正が掴みやすい


◆枠による有利不利も少ない


この事から、

実力馬の中からも簡単に絞る事ができるのです。


だからこそ、

少点数×高確率的中が実現可能。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


いえ、、、



“超少点数”×高確率的中が実現可能です!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


馬単、三連複、三連単を超少点数で的中出来れば、

配当が低くても大きな払戻しが期待出来ますよね。



「超少点数とは一体何点なのか?」


それは、見てのお楽しみですが、、、


目ん玉がいくらあっても足りないくらい

驚いてしまうかもしれませんよ・・・


ここまでわかりやすい競馬は

滅多とありません!


ボーナスレースといえる京都記念の予想を、

なんと今回は『完全無料』でお伝えしています!


ぜひ一度のぞくだけでもご覧ください!


※無料公開期間が限られていますので、

 お早めにご確認ください。





スポンサードリンク