占い師の競馬予想~占い・サイン・裏読み

占い師の競馬予想。 馬のことは良く知りませんが遺伝なのか競馬好き。 人に運があるなら、馬にだって運があるはず! 実力以上の結果が出そうな馬を占いとサインで選出! データや血統での予想はお任せして、 ちょっと変わった視点からの穴馬みつけます。

中央競馬のメインレースを中心に予想しています。
1頭軸3連複の買い方での印をつけていきます。
占い師の備忘録とでも思ってください。

タグ:九星気学

9月13日開催の京成杯オータムハンデを過去5年分検証してみました。


2014年9月14日(日:6 時間:1)

1着 3番 クラレント 7 × 田辺 1
2着 6番 ブレイズアトレイル 4 × 津村 4
3着 7番 ミトラ 3 × エスポジート 5

六白金星の日で、3・6・9
穴数字は、5・11
一白水星の時間で、1・4・7
穴数字は、3・11 

クラレントと騎手の数字がどちらも時間の数字で相性◎
しかも馬番が日の数字と時間の穴数字のダブルで、強運に。

2着も馬と騎手の相性が◎で時間の数字に当てはまっています。
馬番も日の数字。 

3着は馬が日の数字と時間の穴数字の3
馬番は時間の数字 。
騎手が日の穴数字でしたね。
相性が△と微妙なのですが、他に目につくような相性がなければ拾いたいところ。 


2013年9月8日(日:8 時間:7)

1着 7番 エクセラントカーヴ 2 × 戸崎 9
2着 8番 ダノンシャーク 6 × 内田 2
3着 9番 ゴットフリート 1 × 田辺 1

八白土星の日で、2・5・8
穴数字は、4・9
七赤金星の時間で、1・4・7
穴数字は、3・11

1着をどう見るか難しいのですが、相性が〇で、すべての数字が当てはまっているところくらい。
これはこじつけになってしまう。
3つの数字がそれぞれを助ける相性。大きなポイントはないものの、一番バランスがとれているのかも。

2着は馬番と騎手の相性が◎で、日の数字。
それ以外は特に特徴が出ていない。

3着は馬番と馬・騎手の相性が×で、馬と騎手の相性が◎
馬番が穴数字という、運の強弱が大きくなる数字の組み合わせ。
こういう馬を入れるか消すか、すごく悩みどころになる。


2012年9月9日(日:3 時間:1)

1着 3番 レオアクティブ 8 × 横山 6
2着 1番 スマイルジャック 7 × 田辺 1
3着 11番 スピリタス 5 × 内田 2

三碧木星の日で、3・6・9
穴数字は、1
一白水星の時間で、1・4・7
穴数字は、6・11

1着のコンビは、馬番と騎手が相性◎で、日の数字。
それ以外は大きな特徴なし。

2着は 3つの数字の相性が◎
そしてすべて時間の数字で、馬番と騎手が日の穴数字。
これだけいいものが揃えば、軸にしてもよさそう。
でも、6番人気を軸にする勇気が、私にあるかどうか…。 

3着は、馬と騎手が◎で、馬番が穴数字。
穴数字の馬番は、それだけでも気にしておきたいところです。
 

2011年9月11日(日:7 時間:4)

1着 8番 フィフスペトル 6 × 横山 6
2着 14番 アプリコットフィズ 3 × 田中勝 6
3着 7番 レインボーペガサス 7 × 安藤 4

七赤金星の日で、1・4・7 
穴数字は、3・11
四緑木星の時間で、1・4・7
穴数字は、8・13

1着は馬と馬番が◎で、馬番が時間の穴数字。
馬番が穴数字で、どこかの数字で相性◎があれば、拾っておきたいです。

2着は馬と騎手が◎で、馬は日の穴数字。
馬番も日の数字になる。
いろいろと当てはまる馬は要注意ですね。 
余談ですが、勝治騎手は、 数字の相性のいい馬もしくは馬番の時、勝率がいいんですよ。

3着は見ただけでわかる文句なしの相性◎の日の数字ばかり。
ここまできれいにそろうときは人気薄でも必ず入れておきたい。 
この時は3番人気だったので、ここを軸に3連複を購入できたかも。
 

2010年9月12日(日:2 時間:7)

1着 7番 ファイアーフロート 7 × 津村 4
2着 9番 キョウエイストーム 6 × 石橋 7
3着 3番 キョウエイアシュラ 1 × 内田 2

二黒土星の日で、2・5・8
穴数字は3・12
七赤金星の時間で、1・4・7
穴数字は、3・11

1着はここも時間の数字が揃って、文句なしの◎相性。 
軸にできそうな4番人気でした。

2着は馬番と馬が◎で、騎手が時間の数字。
この2着は決定的なものがなく、拾いにくいところかもしれません。

3着は、馬番が日時の穴数字。 これは馬番だけでも入れておきたい馬。
10番人気以内であれば、検討しておきたい数字。
馬が時間の数字で、騎手が日の数字だけど、相性も〇程度で印象薄。
日時の穴数字で検討するのは難しいかもしれないけど、それだけ悪運は強いということ。



では、2015年の京成杯オータムハンデ開催日は、

二黒土星の日で、2・5・8
穴数字は、3・12
七赤金星の時間で、1・4・7
穴数字は3・11

過去に同じ数字での開催は、2010年にありました。
同数字では、2013年も検討しておくといいかな。


2010年は、穴数字がどれくらいの人気になっているか。
3番・13番の馬番で、10番人気以内であれば、必ず入れておきたいところ。
馬や騎手の数字もみて、相性◎があれば必ず入れておく。
日の数字もしくは時間の数字が揃っていれば、軸候補に。

2013年には、×相性のコンビもいたので、これも人気やオッズによっては入れておきたいかな。

 

枠順が決まったので、過去の結果も含めて、軸馬になりそうな馬を占って行こうと思います。

1番 リアルキング 1 × 四位 2
2番 ディーズプラネット 2 × 横山 6
3番 アラバスター 8 × 菱田 7
4番 クロコスミア 5 × 勝浦 5
5番 ラヴアンドポップ 5 × 池添 9
6番 アラモアナワヒネ 9 × 藤田 4
7番 ペイシャオブマーシ 4 × 柴山 4
8番 アフターダーク 1 ×福永 2
9番 ネコダンサー 1 × 丸山 2
10番 プロフェット 7 × ルメール 9
11番 アドマイヤエイカン 2 × 岩田 1
12番 ペイシャフェリシタ 9 × 丸田 4
13番 スパーキングジョイ 7 × 藤岡康 7
14番 リッジマン 4 × 岩橋 9

◎のあるコンビが、人気薄でも要注意なレースなので、

1番、2番、4番、5番、7番、8番、11番、13番、14番

この9頭でした。
その中でも、日時の数字や穴数字は、
1番、2番、8番、11番、13番、14番
でした。

2番 ディーズプラネットと横山騎手の組み合わせは、馬番と馬が◎で、馬番・馬・騎手がすべて穴数字でした。
どのあたりの人気になるか、すごく気になります。

過去の結果で、同じような日のレースで2013年を参考にしていますが、その他の過去の結果では、相性が×というコンビもありました。
今回の出走の中にも、9番 ネコダンサーと丸山騎手のコンビ。
こちらが、馬番と馬が×相性。
ここもアリなのかと試行錯誤中。

そのほかにも、馬番・馬・騎手のいずれかで、同じ数字を持っているものも3着までによく来ていました。
1番 リアルキングと四位騎手も、馬番と馬が同じ1になって、日時の数字でもあります。

4番クロコスミアと勝浦騎手は、馬番が日時の数字で、馬と騎手が同数字の5。
13番スパーキングジョイと藤岡騎手も、馬と騎手が7で、日時の数字。

11番アドマイヤエイカンと岩田騎手のコンビは、馬番と騎手が◎で、日時の数字で、しかも馬番が穴数字にもなってと、ここも突っ込みどころ満載。

ディーズプラネットかアドマイヤエイカン、ここを軸にできるかを検討して、予想しようと思います。


応援お願いします↓



新潟記念の過去5年の結果から、どんなコンビがきているのかを検証し、誕生日の数字から占っていきます。

まずは、過去5年の結果から、


2014年9月7日(日:4 時間:4)

1着 13番 マーティンボロ 4 × ローウィラー 5
2着 16番 クランモンタナ 7 × 柴田善 1
3着 15番 ラストインパクト 8 × 川田 1

4の日の4の時間、1・4・7で、穴数字が8・13
四緑木星の日はあまり大荒れが期待できない。
そうなれば、人気どころの数字を追っていけばいいと思います。

1着は、1番人気で、穴数字13番。
相性は〇程度ですごくいいとは言えないけど、 ダントツ人気ではない穴数字であれば軸でもいいと思う。

2着は騎手と馬の相性◎

3着は馬と馬番の相性が◎
善臣騎手と川田騎手は、日と時間の数字になるので、この時間帯は調子が良かったのだと思います。
 

2013年9月1日(日:6 時間:1)

1着 4番 コスモネモシン 2 × 松岡 5
2着 9番 エクスペディション 6 × 浜中 1
3着 8番 ファタモルガーナ 7 × 田辺 1

日の数字は3・6・9で、穴数字は5・11
時間は1・4・7で、穴数字は6・11
これで、11番の馬が気になってみてみましたが、馬と馬番の数字の相性がイマイチでした。
大波乱のレースでした。
気になって、全部出してみたのですが、相性が良かったのが3着までの馬と、9番人気と11番人気の馬だけでした。
これは、検討がつけづらいレースでした。

1着は馬と騎手の相性◎で、時間の数字。
松岡騎手の5が穴数字で、かなり強く出た感じ。
このレースで5の数字なのは、松岡騎手だけでした。
なら、5番の馬番は?
数字の相性は△で、微妙…。

2着は、馬の数字が日と時間の穴数字。
これだけでも強く出たかもしれませんが、馬と馬番が◎で、騎手が時間の数字。
勇気があれば軸にしてもいいのか…できないけど。
馬番と騎手の数字の相性が×。
これも、馬の穴数字が陰極まって陽にしたのかも。

3着は、馬と騎手が◎で、騎手が時間の数字。
その他、時間の数字を持っている騎手は、6番人気で馬番1の石橋騎手。
でも、馬だけがどの数字にも当てはまらなかった。
柴山騎手も4の人で、14番の馬番に9番人気。
やっぱり馬の影が薄い。

このレースはボックス買いでもあてられたかどうか…。
 

2012年9月2日(日:1 時間:4) 

1着 1番 トランスワープ 6 × 大野 3
2着 7番 タッチミーノット 1 × 横山 6
3着 9番 アスカクリチャン 6 × 内田 2

日と時間の数字が1・4・7で、日の穴数字が 6・11、時間の穴数字が8・13
ここも波乱のレースでした。

1着は馬と騎手が◎で、馬番が日時の数字。 
それに加えて馬が穴馬番でしたね。

2着は馬番と馬が◎で、騎手が穴数字。

3着は馬番と馬が◎でした。 
これは、拾えたかどうかですね。
 

2011年8月28日(日:3 時間:1)

1着 5番 ナリタクリスタル 6 × 武豊 5
2着 9番 サンライズベガ 3 × 北村宏 2
3着 3番 セイクリッドバレー 1 × 丸山 2

日の数字は3・6・9で、穴数字は1
時間は1・4・7で、穴数字は6・11

1着は馬番と騎手が◎
馬は日の数字と時間の穴馬番でした。
これだけで後押しは強いですね。

2着は馬番と馬が◎で、日の数字でした。
特に特徴はなかったです。 
前年の3着馬だったのに、意外に人気なかったんですね。
人気の数字でも、気になる時があって、このとき9番人気。
こんなところの数字の後押しもあったのかも。

3着は馬が時間の数字と日の穴数字でした。
馬番も時間の数字。 3番人気の馬でしたね。
これは少し運気としては薄いかな。
 

2010年8月29日(日:7 時間:4)

1着 8番 ナリタクリスタル 6 × 幸 1
2着 6番 トウショウシロッコ 6 × 吉田豊 2
3着 5番 サンライズベガ 3 × 松岡 5

日と時間の数字が1・4・7で、日の穴数字は3・11、時間の穴数字は8・13
なかなか波乱のレースなんですね。

1着は、馬番と馬と騎手の相性が、よかったです。
これは稀になんですが、馬の6が馬番と騎手の間を取り持つ関係。
すごくいい!ではないけど、バランスが取れてるという感じ。

2着は、馬番と馬が◎
 
3着は、馬番と騎手の相性が◎でした。
馬が穴数字。
ひとつではなく、2つ3つと当てはまることがあれば要注意なのかもしれません。


そこで、今年はどんな日のレースかと言えば、 
九紫火星の日の一白水星の時間。
9と1…火と水…
また、不可解で荒れそうな日ですね。
まったく同じ数字はないですが、同グループの2011年と2013年をみると、
かなり厄介だということはわかりました…。

3・6・9の数字を持っていて、さらに◎相性があるか、×相性があるコンビを中心にみていけばいいのかな。
出走馬と騎手が決まったら、相性をみていきます。
 

応援お願いします↓



枠順が決まったので、相性などを占いながら検討を付けていこうと思います。
※数字に関しての検討の仕方は、こちらを参考にしてください。


1番 タガノアザガル 2 × 松田 7=○
2番 サクラアドニス 7 × 武豊 5=○
3番 クールホタルビ 2 × 水口7 =△
4番 スギノエンデバー 2 × デムーロ 6=△
5番 レッドオーヴァル 8 × 岩田 1=○
6番 サトノタイガー 7 × 町田 4=○
7番 マジンプロスパー 7 × 北村友 5=◎
8番 ネオウィズダム 7 × 柴山 4=○
9番 エポワス 7 × モレイラ 4=○
10番 ティーハーフ 5 × 国分優 3=△
11番 ローブティサージ 6 × 三浦 2=△
12番 オメガヴェンデッタ 1 × 横山6 =○
13番 ウキヨノカゼ 4 × 四位 2=△
14番 ペイシャオブロー 2 × 蛯名 9=△
15番 レンイングランド 2 × 菱田 7=○
16番 トーホウアマポーラ 7 ×福永 2=○

 
過去の検証記事でみたように、馬・馬番・騎手のすべてが相性のいい馬が来ていませんでした。
そこから外してもいいかと思うのは、マジンプロスパーのコンビ。
本来なら1組しかいない◎相性は人気があるなら軸候補でもいいくらいなんだけど。


ティーハーフの馬番は、馬との相性が◎
そして国分騎手の数字が、3で穴数字になるところ。
同じ数字の日に開催されていた2010年の検証と同じパターンの相性を持っていました。
この組み合わせなら、人気やオッズを見ながら、軸候補としていけると思う。

2010年になぞってみていくのなら、馬番が穴数字で騎手と馬の相性が◎となる、
8番ネオウィズダムと柴山騎手のコンビ。
8は穴数字で、馬と騎手の相性◎
このレースの穴数字は、3・8・11・13だけど、8番だけが過去のパターンに当てはまる。
あんまり荒れるのを期待できないレースだけど、ヒモには入れておこうかな。

後はオッズが出たら、1番人気がどの馬になるかで、軸を出していきます。



応援お願いします↓


新潟2歳ステークスの過去レースで、どんな馬がきているのか、九星気学的にみてみました。

2014年8月31日(日:2 時間:7)
1着 4番 ミュゼスルタン1×柴田善1=◎
2着 7番 アヴニールマルシェ5×北村友5=〇
3着 2番 ニシノラッシュ5×田辺1=〇

2013年8月25日(日:4 時間:4)
1着 17番 ハープスター7×川田1=◎
2着 3番 イスラボニータ7×蛯名9=〇
3着 18番 ピークトラム3×小牧2=〇

2012年8月26日(日:8 時間:7)
1着 16番 ザラストロ1×松岡5=〇
2着 7番 ノウレッジ1×蛯名9=×
3着 1番 サウンドリアーナ9×和田6=〇

2011年9月4日(日:5 時間:7)
1着 10番 モンストール8×柴田善1=〇
2着 11番 ジャスタウェイ4×福永2=〇
3着 14番 クイーンアルタミラ1×北村宏2=△

2010年9月5日(日:9 時間:1)
1着 16番 マイネイザベル3×松岡5=〇
2着 1番 マイネルラクリマ6×石橋7=〇
3着 12番 レッドセインツ3×四位2=〇

(騎手さんには申し訳ないのですが、姓だけでお許しを)
 ※数字に関しての検討の仕方は、こちらを参考にしてください。

過去5年には同じ数字の日は残念ながらなかったのでさらにさかのぼって探してみたのですが、やっぱり同じ数字の日はありませんでした。
なので、同じ数字のグループで検討してみようと思います。

2014年の数字と2013年の数字が近いので、ここで検討してみようと思います。

2014年は、
1着は、馬番×馬×騎手の相性が完璧。しかも、時間の数字でもあるので、なお完璧。
2着は、馬×騎手が◎で、馬番が時間の数字。
3着は、馬番×馬が◎で、騎手が時間の数字。

2013年は、
1着は、馬番×馬×騎手の相性が完璧。しかも、時間の数字でもあるので、なお完璧。
2着は、馬×騎手が◎で、馬番が時間の数字。
3着は、馬番×騎手が◎で、馬の数字は細かな占いでのピックアップ数字でした。


これをみると、1着にくる馬は、すべての相性が◎になるコンビ。
今年もそんな馬、いるのかどうか。
その可能性がある馬は、

エポック 7
カミノライデン 4
タニセンビクトリー 7
トモジャクール 4
ヒプノティスト 4
ペルソナリテ 4

この5頭。 


騎手は乗り替りがあるかもしれませんが、前回の騎乗のまま来てほしいなと願うのが
ヒプノティスト4と柴田善臣騎手1
ペルソナリテ4と柴田大知騎手1
その他の馬にも相性のいい騎手が乗ってくれるのであれば、可能性が広がって嬉しい限りです。 

その他の年でもみてみましたが、2012年以外は相性◎があり、日時の数字がある馬が1着でした。
2012年は2着に同様の馬が入っていました。

これで、うまくいけば軸は絞れそうです。


応援お願いします↓


↑このページのトップヘ